ママモヨウ

3人の子持ちママ☆saki☆のブログ

子育てに自信がなくなった時に!子育てハッピーアドバイスを何度も読み返しています♪

こんにちは♪
3人の子持ちママ☆saki☆です!

 

 

 

昨日のブログで書いた通り、昨夜は長男の態度にイライラして、

思わず大声で怒鳴ってしまった私…。

 

 

子供たちが寝たあとに、

ふと、以前購入した、子育てハッピーアドバイス の本のことを思い出し、

少し読み返していました。

 

なぜか涙があふれ出てきました…

 

 

そういえば、初めてこの本を読んだ時も、

感動して涙があふれてきたな~と思い出しました。

 

それほど、子育てに自信がなくなっていたり、悩みをかかえている方にとっての、

救世主だと思っています。

 

 

子育てハッピーアドバイスは、たくさんのシリーズが出版されていますが、

 

私が購入したのは、「子育てハッピーアドバイス」「子育てハッピーアドバイス 2」「子育てハッピーアドバイス3」の3冊です。

 

 

 

 

それぞれを順番に紹介していこうと思いますが、

 

 

今回は、子育てハッピーアドバイスの本について、

私なりに良いなと思った点や内容をいくつか紹介していきたいと思います!

 

 

 まず、この本は、子育てに不安や悩みを持つ人に向けて、

 

かわいいイラストと漫画でやさしく解説されているので、本当に読みやすく、

 

忙しい時でもパッと気軽に読めちゃうのが魅力です。

 

良い例・悪い例の4コマ漫画は、とってもわかりやすくてgood!

 

 

ただでさえ、育児家事に仕事にと、毎日大忙しで疲れてる中、

活字だらけの育児書なんて、読む気がおきませんよね?^^;

特に私は、活字の本を読むのが昔からあまり好きではなくて・・(-_-;)

そんな私でさえも、パパッと気軽に読めちゃうところが魅力です♪

 

一冊通しで読んでも、一時間はかからなかったです。

 

 

f:id:m-hay:20181210080543j:plain

 

 

次に、内容の中で、私が特に心に残った部分を紹介したいと思います。

 

 

 

自分は大切な存在だ、必要とされている、

 存在価値があるという気持ちを、

 子供の心に育てていくことがいちばん大事

 

確かに、最近の子供たちは自己肯定感が低いというのを、

私も聞いたことはありました。

 

うちの長男も、「どうせ、おれにはできない」「もうどうでもいい」などど言うことがあり、

これって、自己肯定感が低いってことなのかな?と不安になりました(-_-;)

 

この本には、その自己肯定感の育み方も、わかりやすく書いてあったので、

読んでいて、本当に目からウロコでした。

 

 

 

子供の話している時間より、

 自分の話している時間の方が長くなってはいけません

 

これを見た私は、ドキッとしました。

せっかく子供が私に話をしてくれているのに、その途中で、話をさえぎって、

説教気味たことをべらべら話してしまっていたな~と、後悔(-_-;)

 

これだと子供は、親はちゃんと聞いてくれないって思って、

ますます話してくれなくなっちゃいますよね…反省(-_-;)

 

この本では、話を聞くときに大切なことが、順序だてて書いてあり、

しかも漫画で見やすくて、すぐに理解することができました。

 

 

10歳までは徹底的に甘えさせる。そうすることで

 子供はいい子に育つ

 

この内容には、本当にハッとさせられました。

 

「甘やかす」と「甘えさせる」の違いも、わかりやすく書かれていました。

 

 

 

・叱っていい子と、いけない子がいる

 

ここでは、叱っていいタイプの子と、叱るのに注意が必要なタイプの子が、

図でのっていました。

 

それぞれのタイプの子別の対応の仕方は、漫画でかいてあるので、

とてもわかりやすかったです。

 

あとは、子供を叱る時に大切な3つのポイントや、

子供をやる気にさせる注意の仕方もかいてあり、なるほど!と思うことばかり。

 

うちの長男は、まさしく、叱るのに注意が必要なタイプだな~と思いました…

 

 

・子供の相手をしているとカッとなってキレてしまう。

 どうしたらキレなくてすむのか

 

ここでは、子供にきれてしまう心理が、いくつかのっていました。

 

これを読んで、私が、子供の言動を被害的にとってしまっているのだな、

ということがわかりました。

 

 子供の行動が「親をなめている」「親を馬鹿にしている」

「わざと困らせようとしている」と考えてしまっていて、その為に、

自分がついつい腹が立っていたのだなということもわかりました。


でも、子供はそういう意図を持ってないし、馬鹿にしているわけでもないとのこと。

子供だから、そういう言動をとってしまっているということがわかり、

すごく共感できました。

 

 

 

周囲の人が理解しようとしまいと、私は私でいいんだ、

この子はこの子でいいんだと思えることが必要

 

読み進めていくと、そういう気持ちになれるよう、努力していこうという、

前向きな気持ちになれました(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

それ以外にも、子育てに役立つコツも、たくさんかいてありました。

 

 

 

皆さんも、ぜひ、読んでみてくださいね(*´▽`*)

 

 

 

というか、この本が自宅にあれば、いざという時に、何度も読み直して、

また前向きな気持ちで子どもと生活をしていくことができると思います^^

 

 

うちの場合、昨日は長男にものすごくイライラして怒鳴ってしまったのですが、

今日は、この本を読み直したからか、

かなり穏やかな気持ちで子供に接することができました。

 

そのおかげか、

今日の息子の宿題の取り組み方は、昨日とは全然違って、

穏やかに取り組んでいました。

 

 

 

親が変われば、子供も変わる・・ということが、これから少しずつでも、

実感できるようになっていけたらなって思っています(*´▽`*)

 

 

さーーてっ、、

これからも、子育てがんばろーーっと( *´艸`)

 

 

 関連記事はこちら⇩

www.mamamoyo.com

 

 

www.mamamoyo.com

 

  

よろしければポチっとお願いします⇩


にほんブログ村

 


にほんブログ村

 


妊娠・出産ランキング

 


育児・子だくさんランキング

 

 

楽天ROOMやってます♪

room.rakuten.co.jp